飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ
規約
第1条(適用)
本規約は、株式会社ボックスファイ(以下、「当社」という)が運営及び管理を行う「飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ」(以下、「本ジム」という)の会員および本ジムに入会しようとする方との間で締結される契約関係について定めます。
第2条(目的)
1 
本ジムを教育的・文化的スポーツ施設として、会員の知的・身体的能力の向上に寄与することを目的とします。
2 
会員がスポーツマンシップを培い、人として成長し、健康で豊かな人生をおくることに寄与することを目的とします。
3 
会員相互の親睦をはかり、コミュニティー作りに寄与することを目的とします。
第3条(入会資格)
1 
本ジムの入会資格は、次の各号のすべてに該当する方とします。
(1)
本規約、細則、プライバシーポリシー、そのほか当社が定めた諸規定に同意し遵守される方。
(2)
心身の健康状態が本ジムのプログラムや施設の利用に耐え得ると認められる方。
(3)
当社が審査をおこない、適当と認められた方。なお、未成年者の場合は、親権者の同意を要することとします。
(4)
暴力団関係者でない方。
(5)
刺青(ファッションタトゥーを含む)をされていない方。
(6)
妊娠していない方。
(7)
過去に本規約の違反行為をされていないこと。ただし、違反された方であっても、違反事由が解消された場合等で、本ジムが検討した結果、入会資格を認めることがあります。
2 
会員は、本ジムに対し、現在のみならず将来にわたって、自らが次の各号に定める暴力団等の反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」という)に該当しないことを保証します。
(1)
暴力団。
(2)
暴力団員。(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含む)
(3)
暴力団準構成員。
(4)
暴力団関係企業の役員、従業員または株主もしくは実質的支配者等の関係者。
(5)
その他前各号に準ずるもの。
3 
当社は自由裁量により入会申し込みを承認または承認しないことができ、承認しない場合にその理由を示す必要がないものとします。
第4条(会員の種類)
本ジムの会員のコース区分は次のとおりとします。(利用区分等の詳細は細則参照)
1 
ボックスファイキッズ… 園児から小学生を対象とした視覚能力トレーニングコース。
(幼児は「キッズコース」で「キッズ会員」といい、小学生は「ジュニアコース」で「ジュニア会員」という)
そのほかに少人数レッスン(小学生)に通う「少人数レッスンコース」があります。
2 
ボックスファイジム… ボクシングジム施設を利用してのトレーニングコース。
(これを以下「ジムコース」といい、その会員を「ジム会員」という。またホリデー開催曜日・時間に通う会員は「ホリデー会員」、レディース開催曜日・時間に通う会員は「レディース会員」という)
第5条(入会契約)
1 
本ジムへ入会を希望される方は本規約、細則、プライバシーポリシーへ同意の上、会員登録および所定の手続きを行い、当社の承認を得た上で、別に定める入会金および月会費等の金額を納入することにより、会員の資格を取得できるものとします。
2 
未成年の方が入会しようとするときは、親権者の同意を得た上で、所定の申込方法によりお申し込みいただきます。この場合、親権者は、自らが会員か否かに関わらず、本規約に基づく会員としての責任を本人と連帯して負うものとします。
3 
会員は、会員登録時に登録した内容その他本ジムに届け出た内容が正確であることを保証します。本ジムは、当該情報が不正確であることによって会員または第三者に生じる損害について一切責任を負いません。
4 
登録事項に変更が生じた時は、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に連絡するものとします。
第6条(保険の加入と当社の賠償責任)
1 
会員は本ジムが定めるスポーツ安全保険に必ず加入しなければならないものとします。
2 
本ジムは保険に未加入な会員等またはその構成員による事故については一切の責任を負わないものとします。
3 
本ジムはその活動中の傷害等については、スポーツ安全保険の対象範囲内でのみ対応するものとします。
第7条(会員証)
1 
本ジムは、ジム会員に対して「デジタル会員証」を発行するものとします。
2 
本ジムは、キッズ会員に対して「会員証」を発行するものとします。
3 
デジタル会員証の有効期限は入会日から退会日までとします。
4 
デジタル会員証、会員証は本人のみが使用でき、第三者への譲渡、貸与はできません。
5 
会員証を紛失または破損した場合は、ただちに再発行を本ジムに申請するものとします。その際所定の再発行料(500円(税込550円))を支払うものとします。
6 
会員資格を喪失した場合は会員証を本ジムへ返還することとします。
第8条(施設の利用)
1 
ジム会員が本ジムを利用する際には必ずデジタル会員証を受付に提示、入退室を記録することとします。
2 
キッズ会員が本ジムを利用する際には必ず会員証を受付に提示することとします。
3 
本ジムの特別行事、改装工事等で、施設の一部、あるいは全部についての利用を制限することがあります。
4 
混雑緩和のために利用時間の制限を設ける場合があります。この場合、会員はその時間を厳守するものとします。
5 
3または4により会員が何らかの損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
第9条(ビジターの利用)
1 
会員以外の当施設利用者(以下「ビジター」という)にも本規約及び細則等の諸規定を適用することとします。
2 
会員は紹介したビジターの本ジム内での行為及び支払い等について、連帯責任を負うものとします。
3 
ビジターの利用区分、利用料金等は、別の細則により定めます。
第10条(会員の自己責任)
1 
会員及びビジター(以下「会員等」という)は、自己責任において本ジムを利用するものとします。
2 
会員等は、本ジムの施設利用に際して生じた人的・物的事故について、本ジムのスタッフ(以下「スタッフ」とは、キッズおよびジュニアコースの指導やジム練習の指導、そのほか本ジムの運営にかかわる者)および当社に対して一切の損害賠償を請求しないものとします。ただし、本ジム側に明らかな責任がある場合は、この限りではありません。
3 
会員等は、本ジムの利用に際し、自己またはその構成員(構成員とは、会員等の家族、同伴者等)の責任に帰すべき事由により、本ジムまたは第三者に対して損害を与えた場合は賠償責任を負うものとします。
第11条(プライバシーポリシー)
1 
当社は、当社の保有する会員の個人情報を、当社が別途定める「プライバシーポリシー」にしたがって管理します。
2 
会員は入会前に、ビジターは本ジム利用前に「プライバシーポリシー」を必ず確認し、その内容に同意するものとします。
第12条(退会)
1 
退会を希望する場合は、所定の「退会届」を本ジムに提出し、承認を受けるものとします。
2 
退会届は、退会を希望する月の前月8日までに本ジムに届け出るものとします。尚、届け出が8日を過ぎた場合は翌月末の退会となります。8日以降に退会届を出された場合の翌月分の会費は、いかなる理由といえども返還できません。
3 
会員証は退会時に本ジムへ返還することとします。
4 
月会費、その他の未納金がある場合は退会前に完納するものとします。
第13条(休会および休会費)
1 
会員が長期出張又は入院が必要な疾病等、やむを得ない事情により長期にわたり参加できない場合、所定の「休会届」を提出し、本ジムの承認を得ることにより休会できるものとします。
2 
休会届は、休会を希望する月の前月8日までに届け出るものとします。尚、届け出が8日を過ぎた場合は翌々月からの休会となります。8日以降に休会届を出された場合の翌月の月会費はいかなる理由といえども返還できません。
3 
休会は1ヶ月単位とし、休会費は会員のクラス区分にかかわらず2,500円(税込2,750円)/月とします。
4 
キッズ会員の休会の場合、休会3ヶ月目までは選択していた曜日クラスの定員枠を確保できるものとし、3ヶ月を超えた場合は定員の都合上、別の曜日クラスに移動していただく場合があります。新しい曜日クラスは本ジムで決定するものとします。
第14条(復会)
1 
復会の期限を定めず休会した会員が復会を希望する場合は、復会する旨を速やかに本ジムに連絡することとします。復会を希望する月の前月8日までに届け出るものとします。8日を過ぎた場合は、翌々月からの復会となります。
2 
休会届に記入した休会期限を短縮及び延長する場合は、速やかに本ジムに連絡するものとします。
第15条(禁止事項)
本ジム内では、次の事項を禁止いたします。
1 
他の会員に伝染する可能性がある疾病を有する方の施設利用。
2 
飲酒、喫煙。
3 
本ジムが許可した者以外がおこなう更衣室以外での携帯電話やスマートフォンでの外部との通信および通話。
4 
酒気を帯びての利用や、他の利用者に著しい不快感を抱かせる行為、迷惑をおよぼす行為。
5 
危険物やペットの持ち込み。
6 
刺青(タトゥーを含む)をされている方、反社会勢力及びその関係者の施設利用。
7 
妊娠している方の施設利用。
8 
本ジム内において、他の会員に対して本ジムの許可を得ない商行為(営業活動・ネットワークビジネスを含む)、政治(選挙応援)、宗教的活動、その他一切の勧誘行為。
9 
本ジムの運営、ジム練習やレッスン(以下「レッスン」とは、キッズおよびジュニアコースの指導)を故意に妨害する、またはスタッフの指示に従わないなどの行為。
10 
本ジムが許可した者以外がおこなう録音、写真撮影、ビデオ撮影。
11 
ジム内で撮影した写真や動画を本ジムの許可なく無断でソーシャルメディア等インターネット上に載せる行為。
12 
イヤフォンやヘッドフォンの使用、その他スタッフの指示や周囲の状況を判断しづらくする行為。
13 
その他、会員として品位を損なうと認められる非行または言動。
第16条(除名)
当社は会員が次の各項の一つにでも該当すると判断した場合、会員を除名または会員資格を一時停止することができるものとします。
1 
法令および本ジムの規約、細則、その他定められた事項に違反した場合。
2 
本ジムの名誉と信用を著しく傷つけ、公序良俗に反する行為をした場合。
3 
入会資格に抵触、または処分を適当とする行為があり、当社がこれを決議した場合。
4 
会費等を滞納しており連絡がつかない、あるいは期限を定めた督促にも応じない場合。
第17条(会員の資格喪失)
会員は次の場合、その資格を失うものとします。
1 
除名
2 
退会
3 
死亡
4 
ジムの閉鎖
第18条(ジムの廃止・利用制限)
1 
当社は、社会・経済情勢の著しい変化等のやむを得ない事情による場合には、1ヶ月前の予告をすることにより、本ジムを廃止することができるものとします。
2 
天災、法令の制定・改廃、行政指導、その他やむを得ない事由が発生した場合には、前項の予告期限を短縮することができるものとします。
3 
本ジムの特別行事、改装工事等で、施設の一部、あるいは全部を廃止または利用制限する場合も、1または2と同様とします。これにより会員が何らかの損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
第19条(改正及び変更)
本規約及び細則の改正及び変更は当社がこれを定め、その効力はすべての会員等におよぶものとします。その内容は会員に公布(電子メール、ソーシャルメディア等を含む)、または本ジム内の所定の場所に掲示するものとし、公布、または掲示した時からその効力を生じるものとします。この場合、会員は改正後の規約及び細則に従うものとします。これにより会員が何らかの損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
第20条(補則)
1 
本規約に定めるものの他に、本ジムの円滑な運営を図るために新たに必要な事項は、当社が協議し決定することとします。
2 
本規約に定めのない事項及び業務、事務遂行上必要な事項は「細則」に別途定めます。
附則
本規約は西暦2022年9月5日より施行します。
西暦2004年 7月 20日 制定施行
西暦2020年 3月 31日 改定